美容・健康に関するお役立ち情報をお届けします。

キラキラガール

美容

目指すは美肌(2)~クレンジングを見直す~

投稿日:

こんにちは(^-^*)キラです。

飲み会の次の日や、疲れて寝てしまった日…
メイクを落とさずに寝てしまった経験のある方なら、次の日の肌のコンディションの悪さをよくご存じではないでしょうか…(笑)

*

そんな事を続けているうちに、荒れてしまった肌…
皮膚科を受診すると、必ずといっていいほどクレンジングや生活環境についての質問をされます…先生が言うには、メイクで汚れたお肌にいくら化粧水や美容液をつけても意味がなく、クレンジングをしっかりすることでスキンケアの効果がしっかりでてきますよ~とΣ(゚Д゚;

先生の言葉を真摯に受け止めて、きめ細かな肌作りのために、今日はクレンジングについて調べてみました(´-`).。oO肌トラブルのプロセスを調べた前回ブログの続きです♪

美肌作りで重要視するはクレンジング!?

肌荒れの原因を知る事で、対策は見えてきましたが…
大人の肌トラブルの原因はメイクによるものがほとんど(+o+)

肌トラブルの原因にもあった「洗浄しすぎ」の多くは、頑固なメイクをしっかり落とすためのW洗顔やふき取り化粧水による摩擦によるもの(*_*)

肌に負担をかけないクレンジングを調べていくと…
今は、メイクを落とすだけではなくスキンケアやエイジングまでも始まっているんだとか…

たくさんあるクレンジングの特徴とメリット・デメリットをしっかりと抑えて肌に良いクンジングを選べるようになろうと思います(´-`).。oO

クレンジングの種類と特徴

クレンジングは大きくわけると、5種類にわけられます
自分が使っている、メイク用品との相性も考えて、良いクレンジングを選びたいですね
※おすすめ度はメリット・デメリットを踏まえた私の所感を5段階で評価してみました

1.シートタイプ

*

オススメ度:★

【メリット】 メイクを素早く落とすことができのでとても便利。
【デメリット】 摩擦によって、肌全体への負担が大きい、合成界面活性剤、アルコールでメイクを落とすために長期間にわたって使用すると、角質が厚くなりシミ、シワの原因にもなるんだとか…( ゚Д゚)

 

2.オイル(洗い流すタイプ)

オススメ度:★

【メリット】洗浄力が強いので濃いメイクも落ちやすい
【デメリット】合成界面活性剤の配合量が多い、油分も多いので多用すると肌の乾燥を促進してしまうので、乾燥肌の人にはオススメできません。

 

3.ジェル(洗い流すタイプ)

ジェルタイプには「水性タイプ」と「油性タイプ」があります

オススメ度:★★★

●水性タイプ
【メリット】
ニキビ肌の方などオイルが苦手・不向きな肌質の方に使いやすい
オイルタイプでは刺激を感じる時にもオススメです。

オススメ度:★★

●オイルタイプ
【メリット】洗浄力が高い
【デメリット】オイルタイプは水性タイプよりもやや刺激が強い

※両方、マツエクには使用できません。

 

4.クリーム(ふき取り、洗い流すタイプ)

クリームタイプは2種類ありますが、その違いは界面活性剤の配合量にあるみたいですよ

オススメ度:★★★★

●ふき取りタイプ
【メリット】肌に残しても良いということからもわかるように、保湿クリームのように界面活性剤を乳化剤(クリームを作る成分)として使用していますが比較的、肌に優しいといえます。(日常使いなら、ふき取りタイプがオススメ)

【デメリット】コットンやティッシュペーパーなどで拭き取る際に、肌を擦っているので優しくふき取るようにしなければ、ふき取りクレンジング同様に肌への負担が強いと言えます。

オススメ度:★★

●洗い流すタイプ
【メリット】洗浄力が高い、
【デメリット】乳化剤としての界面活性剤の他にも「洗浄成分」としての界面活性剤も含まれています。洗い流すタイプはさっぱりとする反面、界面活性剤の配合量が多いのでその点が 肌への負担が高いと言えます。

 

5.ミルク(洗い流すタイプ)

オススメ度:★★★★

【メリット】低刺激、肌が敏感な時でも使いやすい
【デメリット】比較的水分が多いため洗浄力は弱い、洗浄力の高い界面活性剤を使用している商品も増えているので内容成分を確認することをオススメします(*_*)

魔法のブースタークレンジング【スキンフレッシュ】

見直そう!クレンジング選びのポイント

メイクを落とす際に使うクレンジングも落ちが悪いな~と感じる事はありませんか?
その場合は、内容成分に注目…..φ(・∀・☆)・゚・
今一度、自分のクレンジングとメイク用品も見直してみましょう♪

*

1.ファンデーションに合わせたクレンジングを選ぶ

ファンデーションは油性か水性の2種に分かれます
油性のファンデに水性タイプのクレンジングでは洗い残しができてトラブルの原因に

自分のファンデーションがどのタイプかを調べるのが面倒~って人はファンデーションと同じブランドのクレンジングを選べばOKみたいですね(^_-)-☆
相性もよく考えて作られているので間違いないみたい♪

2.アイメイクはポイントリムーバーを使う


ウォータプルーフのアイメイクは専用リムーバーで落としてあげると目の周りの皮膚への負担も軽く綺麗に落とせます
*

3.摩擦を最小限に


手指の感触が直接感じる場合は、クレンジング剤が少ないのかも?
泡立ちネットを使いよく泡立てたり、使用する量についても改めて見直してみると良いかもしれないですね♪

特徴をよく見極めて、丁寧なクレンジングを心掛ける事で毛穴が目立たなくなり、ツルンとした綺麗な肌に代わっていくんだそうですヾ(*´∀`*)ノ

界面活性剤ってなに?

クレンジングを選ぶ際によく出てきた用語「界面活性剤」の正体についても少し学んでおこうと思います。

界面活性剤を使ったメイククレンジングのの仕組みは・・・

  1. メイク汚れの油分を、油分で浮き上がらせる
  2. 界面活性剤によって水分と油分が混ざり合う
  3. メイク汚れを水で洗い流せる

水分と油分を混ぜる事で、汚れを吸着し洗い流す事ができるんですね(´Д`)

洗いやすくする成分ではありますが、同時に肌にある皮脂膜も洗い流してしまう事もあるので洗い終わった後に肌が突っ張ったりする事があるのはこのせい…( ノД`)

最近では美容液成分ばかりでできたゲルクレンジングや、ふき取りクレンジングなどもありますよね(´ω`)洗った後の肌がモチモチなんだとか…

*

内容成分に注目して、肌に負担のかかる「合成界面活性剤」が入っていない、そして界面活性剤の量が少ないものを選ぶ事が肌への負担が少ないクレンジングへの一歩みたいですね

この改善だけでも、だいぶ肌への負担が軽減されるみたいですよ
よく成分をみて、肌ストレスを少しでも軽減していこうと思います(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キラ

生年月日:1994年9月2日生まれ 24歳  職業:OL  星座:おとめ座  干支:いぬ  出身地:東京  血液型:A  性格:比較的穏やか、古風と言われる(おばぁちゃん子だから?)すこし凝り性な一面もある。  趣味:ピアノ、料理、旅行・読書  憧れの女優:中村 アンさん  その他:最近一人暮らしを始め、自炊に目覚める。雑貨や美容グッツなどが好きでLOFTやハンズによくいく。

-美容

Copyright© キラキラガール , 2019 All Rights Reserved.